コントローラシリーズ HS-LXM
HS-LXMは、各種ユニット、アクチュエータと三菱電機㈱製 MR-J3シリーズモータを組合わせることにより、最大8軸の制御システムを構築可能とした新型コントローラです。
SSCNET※を標準採用したことにより、高速通信制御を可能にしました。

※ SSCNETは、三菱電機㈱が開発したサーボシステム制御のためのモーションネットワーク通信です。

データダウンロード

コントローラ本体
hsカタログダウンロード 2次元CADダウンロード HS-LXM取扱説明書 HS-LXM取扱説明書
サーボアンプ DJB3
DJB3接続説明書
オペレーティングボックス OP-20 / パソコンソフト LXR-PC
OP-20取説 LXR-PC取扱説明書
その他(オプション)
HS-LXMプログラミングガイド

1. コントローラとサーボアンプを分離し光ケーブルで通信させる分散設置システムを採用

2. 軸数の追加、削減、容量変更も随時可能

3. 制御軸数は最大8軸(最大4軸補間可能)

4. 上位PLCに合わせて選べる3タイプの制御

貴社のシステムに合わせて従来のパラレルI/O接続に加え、CC-Link, DeviceNetの2種類のネットワークに対応します。

5. メンテナンス性能の充実

USBメモリ(オプション)によるデータ保存

USBメモリに各種データを保存しておけば、リカバリーボタンを長押しするだけで、ユーザーデータはもちろん各種パラメータも再展開し保存時の状態に復元できます。

予防保全機能を搭載

USBメモリに各軸の走行距離を記憶できます。設定した走行距離に達すると、内部フラグがONになります。メンテナンスの目安としてご利用ください。

時計機能を搭載

エラー履歴を日時入りで表示します。無人運転時などのトラブルシュートにお役立てください。

バックアップ電池不要

フラッシュメモリを採用しており、面倒なバックアップ電池の交換が不要です。
注) 時計機能にはボタン電池を使用しております。

6. 高分解能、高速回転に対応

高分解能(17bit, 18bit)のエンコーダを搭載しています。アブソリュートシステムも簡単に構築できます。用途に合わせて、最高回転数6000min-1のモータも選択できます。

7. サーボアンプの豊富な機能  ※三菱電機(株)カタログより抜粋

page top

お問い合わせ

よくあるご質問はこちら お問合せはこちら
Get Adobe Flash Player 動画をご覧いただくには、Adobe Flash Playerが必要です。
お持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。
Adobe Flash Playerをダウンロードする